さきたクリニック

乳がん検診 兵庫県西宮市 乳腺外科専門クリニック
日本乳癌学会認定乳腺専門医日本外科学会認定外科専門医

TEL・0798-26-1222(予約優先)
院長のひとりごと
2017年11月号

がん診療革命(プレシジョンメディシン)

 血液検査がん診療に革命が起こっています。それによりがん撲滅も夢の話ではなくなってきました。

私の考える理想のがん診療とは、定期的血液検査で目に見えないがんを見つけ、そのがんの性質を見極め、飲み薬で治療するというものです。血液検査でがんを見つけることをリキッドバイオプシーといいます。血液中に流れる微量のがん細胞あるいはがん分泌遺伝子を見つけることで、すでに実用化されています。今後さらにデータを集積すれば近い将来臨床応用されるものと期待されています。

 

 がんは正常の遺伝子に傷がついて発症します。プレシジョンメディシンとはその遺伝子の異常を明らかにし、その性格に合った薬を見つけて治療をすることです。別名個別化医療とかオーダーメイド医療と言われます。

2015年オバマ大統領が一般教書演説で今後アメリカが目指す政策と位置づけました。

日本をはじめその他の国々もその発展に力を注いでいます。

今までのように臓器別に薬を使うのではなく、異常な遺伝子に対応する薬を処方するという点で従来のがん診療とは根本的に考え方が違います。

 

 治療の主役となるのは分子標的薬免疫チェックポイント阻害剤です。伝子の変異により異常なたんぱく質を作るようになったがん細胞は、正常の細胞分裂刺激に対して無制限に増殖を繰り返してしまいます。

分子標的薬はその異常たんぱく質に対して刺激が働かないように働きます。それによりがん細胞は死滅します。正常細胞は異常たんぱく質を作らないため薬の影響を受けません。

つまり抗がん剤のような副作用を受けることなくがん細胞がやっつけられます。分子標的薬

 

 もう一つの主役である免疫チェックポイント阻害剤は、免疫の力をすり抜けて増殖するようになったがん細胞に対して体の免疫の力を取り戻すことによりがん細胞をやっつけます。

これはがんが進行して多くの遺伝子に傷がついてしまったがんにも有効です。

いずれの薬も実臨床で使われており、その効果が確かめられつつあります。

 

 いまはビッグデータを収集、解析し多種多様ながん細胞に対して最適の薬を選択できるよう研究が進んでいます。それにより人類のがん撲滅もそう遠くないものと信じてやみません。

さきたクリニック

〒662-0971 西宮市和上町2-35-101

TEL・0798-26-1222(予約優先)
阪神西宮駅より徒歩約1分
診療時間
休診日:木曜午後・土曜午後・日祝日