さきたクリニック

乳がん検診 兵庫県西宮市 乳腺外科専門クリニック
日本乳癌学会認定乳腺専門医日本外科学会認定外科専門医

TEL・0798-26-1222(予約優先)
院長のひとりごと
2008年3月号

医療崩壊2

前回もこのテーマでひとり言をしましたが、今回も同じテーマで私見を述べます。
 

 まず、現在日本の医療が崩壊の方向に向かっていることを認識してください。

医療現場にいる人間、実際に医療を受けている人たちあるいはその家族は切実に感じているものの、多くの一般の人たちはまだまだそれを感じていません。

しかし、自分が救急車に乗ってから、自分が入院して手術を受けなければならなくなってから、自分が病後のリハビリを受けなければならなくなってからこの現実に気がついてももう手遅れ医療崩壊 2のです。
日本国民全員が自分の問題として考えてほしいと思います。

医療問題はいつ自分あるいは自分の身近な人の現実になるかもしれない本当に大切な問題だから。

その原因は何でしょう?

それはずばり人とお金です。

人が足りません

医師をはじめとする医療関係者の数が絶対的に不足しています。

 地方と都市の偏在であるとか、臨床研修医制度が悪いとかいろいろ言われています。確かに地方のほうが問題は大きいかもしれません。しかし医師不足は都市部でも深刻です。

さらにお金が足りません。資金不足から地方の病院の経営が破綻しています。都市部でも十分な医療の提供が難しくなっています。本来医療とは福祉であって市場原理主義の入る問題ではありません

国民の命を守るために、医療を充実させるためにはお金が必要です。道路もイージス艦も必要でしょうが、それらの一部を医療に当てることによってかなりの問題が解決します。

よく引き合いに出される数字はOECD加盟国中、日本の人口に対する医師数、医療費は下から数えたほうが早く(もちろん平均以下)、WHOが認める医療水準は世界トップクラスです。

 

 医療崩壊 2日本の国民皆保険制度は非常にありがたいものです。
ただあまりに身近になりすぎて、それがあたりまえと誤解されているようです。

それを維持するためには、やはり何かを犠牲にしなければなりません。
何かを犠牲にしてもやはり守るべき制度
ではないでしょうか。

この問題に対して私たちに何ができるでしょうか。

まずはこの現状をしっかりと認識してください。そして様々噴出してくる医療問題を自分のこととして真剣に考えてみてください。

実際にどの問題も決して人事ではないと思います。

そうして国民全体で医療のあるべき姿について考えることにより、初めて解決の糸口が見出せるのではないでしょうか。

さきたクリニック

〒662-0971 西宮市和上町2-35-101

TEL・0798-26-1222(予約優先)
阪神西宮駅より徒歩約1分
診療時間
休診日:木曜午後・土曜午後・日祝日